本文へ移動

大谷、ダブルヘッダーで3安打 鈴木1安打、筒香無安打

2022年5月15日 13時48分 (5月15日 14時04分更新)
 アスレチックスとのダブルヘッダー第2試合の5回、メジャー通算100本塁打となる2ランを放ち祝福されるエンゼルス・大谷(右から2人目)=オークランド(共同)

 アスレチックスとのダブルヘッダー第2試合の5回、メジャー通算100本塁打となる2ランを放ち祝福されるエンゼルス・大谷(右から2人目)=オークランド(共同)

  •  アスレチックスとのダブルヘッダー第2試合の5回、メジャー通算100本塁打となる2ランを放ち祝福されるエンゼルス・大谷(右から2人目)=オークランド(共同)
  •  アスレチックス戦の三回、二塁打を放つエンゼルスの大谷翔平=14日、オークランド(AP=共同)
 【オークランド共同】米大リーグは14日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はオークランドで行われたアスレチックスとのダブルヘッダーでともに「3番・指名打者」で出場し、第2試合の五回に7号2ランを放ってメジャー通算100本塁打を達成した。5打数1安打2打点で、チームは9―1で快勝した。3―4でサヨナラ負けした第1試合は4打数2安打1打点だった。
 右足首痛を抱えるカブスの鈴木はダイヤモンドバックス戦に「2番・右翼」で4試合ぶりに先発出場し、4打数1安打だった。試合は4―2で制した。パイレーツの筒香はレッズ戦に「5番・一塁」でフル出場し、3打数無安打だった。チームは3―1で勝った。

関連キーワード

おすすめ情報