本文へ移動

沖縄、きょう復帰50年 観光発展も所得低迷

2022年5月15日 00時04分 (5月15日 00時45分更新)
 沖縄復帰50年の記念式典が行われる沖縄県宜野湾市の会場=14日

 沖縄復帰50年の記念式典が行われる沖縄県宜野湾市の会場=14日

 沖縄県は15日、1972年の日本復帰から50年を迎えた。観光立県として成長し、観光客数は2018年度に1千万人を突破。復帰時に約96万人だった人口は約146万人に増えた。一方、1人当たり県民所得は全国の約7割と最下位の水準が続く。県は情報通信産業の高度化などを通じた自立型経済の構築を模索する。
 15日の記念式典出席のため14日に沖縄入りした岸田文雄首相は、那覇市で県議会関係者から強い経済構築などへの決意を示す意見書を受け取った。沖縄の米軍基地負担の問題を含め「重く受け止める」と述べた。
 県と政府は15日、沖縄と東京で記念式典を同時開催する。

関連キーワード

おすすめ情報