本文へ移動

待ちわびた百万石行列 3年ぶり 出演者ら衣装合わせ

2022年5月15日 05時05分 (5月15日 10時05分更新)
百万石行列の衣装をまとい、3年ぶりのまつりに向け士気を高める出演者たち=金沢市尾山町の尾山神社で

百万石行列の衣装をまとい、3年ぶりのまつりに向け士気を高める出演者たち=金沢市尾山町の尾山神社で

 金沢市中心部で六月三日〜五日に開かれる第七十一回金沢百万石まつりのメイン行事「百万石行列」で、三代加賀藩主の前田利常や妻の珠姫(たまひめ)ら主な役の出演者が十四日、同市尾山町の金沢商工会議所で衣装合わせをした。近くの尾山神社で記念撮影をし、新型コロナウイルス感染症の影響で三年ぶりの開催となった待望の祭りに向け士気を高めた。
 この日は十六人が実際の衣装を着用。珠姫役の道下雫月(みちしたしずく)ちゃん(6つ)=戸板小一年=は「かわいい着物が着られてうれしい。金沢の人たちに見てもらいたい」。利常役の広田優翔(ゆうと)君(7つ)=明成小二年=は「かっこいいお殿様になれるよう演技を頑張る。おじいちゃんとおばあちゃんに見てほしい」と話した。
 百万石行列は六月四日に開催し、藩祖・前田利家の金沢城入城を再現する。利家役は映画監督・俳優の竹中直人さん、お松の方は俳優の栗山千明さんが演じる。 (鈴木里奈)

関連キーワード

おすすめ情報

石川の新着

記事一覧