本文へ移動

ボルダリングジムオープン、名古屋市港区 東京五輪「銅」野口さん招く

2022年5月15日 16時25分 (5月15日 16時26分更新)
東京五輪銅メダリストの野口さんらを招き、体験会などが行われたボルダリングジムのオープンイベント=名古屋市港区の「邦和みなと スポーツ&カルチャー」で

東京五輪銅メダリストの野口さんらを招き、体験会などが行われたボルダリングジムのオープンイベント=名古屋市港区の「邦和みなと スポーツ&カルチャー」で

  • 東京五輪銅メダリストの野口さんらを招き、体験会などが行われたボルダリングジムのオープンイベント=名古屋市港区の「邦和みなと スポーツ&カルチャー」で
  • 子どもにボルダリングの指導をする野口さん=名古屋市港区の「邦和みなと スポーツ&カルチャー」で
  • ボルダリングジムのオープンイベントで参加者と記念写真を撮る野口さん(左)=名古屋市港区の「邦和みなと スポーツ&カルチャー」で
 名古屋市港区港栄一の複合施設「邦和みなと スポーツ&カルチャー(邦和スポーツランド)」に十四日、ボルダリングジムがオープンした。これを記念し、昨夏の東京五輪スポーツクライミング女子複合の銅メダリスト野口啓代さん(32)らを招いたイベントが開かれた。 (斉藤和音)
 このジムは高さ約六・五メートルのクライミング壁一面と、高さ約四・五メートルのボルダリング壁五面をそろえ、子どもから中級者まで楽しめる。床面積は二百二十平方メートル。東海地方では初となるつり下げられたキューブを登るアトラクションも導入した。ボルダリングにゲームの要素を取り入れ、登る人の動きに合わせて壁面に投影された映像が変化する仕掛けもある。
 イベントでは、野口さんと三重県出身の渡部桂太選手(28)が、抽選で選ばれた参加者四十人に直接指導した。野口さんを目標に練習しているという大府市の中学二年鈴木琳子さん(13)は「緊張したけれど、体の動かし方などを優しく教えてもらえてうれしかった」と話した。
 野口さんは「クライミングは一人でも家族や友達でも楽しめるスポーツ。今日一番上まで登った子どもたちも、登れたときの達成感やうれしい気持ちを忘れないでまたチャレンジしてほしい」と話した。 

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧