本文へ移動

【FC東京】アダイウトン恩返し弾 古巣に敗れ笑顔なし

2022年5月14日 21時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
FC東京・アダイウトン

FC東京・アダイウトン

◇14日 サッカー J1第13節 磐田2―1FC東京(ヤマハスタジアム)
 5年間在籍した古巣との一戦で、FC東京のアダイウトンが恩返し弾を決めた。後半34分に、左サイドに張った背番号15は右サイドの紺野からパスを受け、右足を振った。弧を描いたシュートはゴール右隅に決まった。アダイウトンは「いろいろな思い出がある。(ヤマハは)まだ自分の家であるかのように感じた」と古巣への思いも口にした。だが、敗戦には「どんなプロセスを歩むにしてもうまくいかない時期は必ずある。決して下を向いていてはいけない」と笑顔はなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ