本文へ移動

システム変更が功を奏す 守備陣が高い集中力を切らさず4試合ぶり無失点【名古屋グランパス】

2022年5月14日 20時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
名古屋―C大阪 前半、ディフェンスする名古屋イレブン

名古屋―C大阪 前半、ディフェンスする名古屋イレブン

◇14日 サッカー J1第13節 名古屋1―0C大阪(豊田スタジアム)
 名古屋の守備陣は最後まで高い集中力を発揮し、リーグ4試合ぶりの無失点。1―0の後半、C大阪に押し込まれる展開が続くと長谷川健太監督は「(ゴール前を固めて)守るだけでは守り切れない」と、レオシルバ1枚だったボランチに稲垣祥を加えるシステム変更。中盤に厚みを出し、前線を走らせて反撃の意思もちらつかせた。「練習でも健太さんがさんざん落とし込んでくれている。このシステムになったらどこを意識して、というのは何回もやっている」と稲垣は振り返った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ