本文へ移動

【名古屋グランパス】石田凌太郎、J2徳島から復帰後初出場 わずかに外れたシュートは「感触は良かった」

2022年5月14日 20時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
名古屋―C大阪 後半、攻め上がる名古屋・石田(中)

名古屋―C大阪 後半、攻め上がる名古屋・石田(中)

◇14日 サッカー J1第13節 名古屋1―0C大阪(豊田スタジアム)
 名古屋MF石田凌太郎(20)が後半15分に「彼の走力を生かしたい」(長谷川監督)と投入され、育成型期限付き移籍先のJ2徳島から復帰してから初のリーグ戦出場。45分のシュートは、わずかにクロスバー上となったが、脅威を与えた。
 「最初のチャンスだったので力んでしまったが感触は良かった。サポーターが後ろにいたので決めたかった」と振り返った。投入直後には、FW相馬のロングパスを相手DFを背にしながら受けた。「押し込まれた中での出場だったので、収められるかどうかで試合状況が変わると思った」とターゲットとしても強みを見せた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ