本文へ移動

疲労骨折抱え初の世界選手権切符 山田千遥は段違い平行棒で全体1位13・766点【体操NHK杯】

2022年5月14日 20時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田千遥

山田千遥

◇14日 体操NHK杯第1日 女子個人総合(東京体育館)
 全日本選手権で3位だった山田千遥(19)=朝日生命体操クラブ=は段違い平行棒で全体1位の13・766点をマークし、158・895点で3位だった。「4種目全ていい演技ができてうれしい」と笑顔を見せた。全日本後に左手首を疲労骨折していたが「やるしかない」と強い気持ちで、初の世界選手権代表をつかんだ。「失敗しないのが当たり前だと考えて質のいい練習をしたい」とレベルアップを誓った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ