本文へ移動

石橋康太、2戦連続適時打の活躍も連敗ストップならず悔しい先発マスクに【中日】

2022年5月14日 19時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回表2死満塁、石橋が適時打を放つ

6回表2死満塁、石橋が適時打を放つ

◇14日 巨人7―6中日(東京ドーム)
 中日・石橋康太捕手が「8番・捕手」で先発出場し、2試合連続の適時打を放った。6回2死満塁で、巨人2番手・菊地の外の変化球をはじき返すと、打球は三塁ベースに当たり、岡本和の頭上を越える三塁への内野安打となった。「まだ試合が終わっていないので…。きょうは絶対に勝ちます」と試合中にこうコメントしていたが、連敗ストップならずに悔しい先発マスクとなった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ