本文へ移動

岡林勇希が4月30日以来の猛打賞「最低限の仕事ができてよかったです」【中日】

2022年5月14日 19時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回表無死、岡林が二塁内野安打を放つ

1回表無死、岡林が二塁内野安打を放つ

◇14日 巨人7―6中日(東京ドーム)
 中日・岡林勇希外野手が「1番・中堅」で先発出場して5試合ぶりに安打を放つと、勢いに乗って4月30日の広島戦(バンテリン)以来の1試合3安打。先制の本塁を踏んだ初回の二塁内野安打に始まり、7回は右前、9回は左前に運んでバットコントロールの巧みさを発揮した。5回1死三塁の第3打席では、左犠飛で8試合ぶりの打点もマーク。「最低限の仕事ができてよかったです」と振り返った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ