本文へ移動

立浪監督「この回までは代えない」と宣言したが…高橋宏の好投評価も「弱気な姿が…」と注文【中日】

2022年5月14日 18時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回裏、マウンドで高橋宏に指示を出し、ベンチに戻る立浪監督

6回裏、マウンドで高橋宏に指示を出し、ベンチに戻る立浪監督

◇14日 巨人7―6中日(東京ドーム)
 中日は終盤にビッグイニングを許し、3連敗で勝率5割に逆戻り。巨人戦の3カード連続負け越しが決まった。
 立浪和義監督は試合後、先発して6回途中2失点と粘った高橋宏斗投手について「立ち上がりから、真っすぐもフォークボールもかなり振らせて」と7奪三振の投球内容を評価した。
 一方で、エース候補の19歳に注文も。6回に直接、マウンドに足を運んだ際に「この回までは代えない」と声を掛けたことを明かした上で、この日最後の対戦となった中島への押し出し四球について「ちょっと弱気な姿が映った。だから代えました」ときっぱり。3勝目へさらなる奮起を促した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ