本文へ移動

【中日】高橋宏斗は6回途中2失点、3勝目の権利得て降板 岡本和&中田から2三振ずつ奪う力投

2022年5月14日 16時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
巨人戦に先発、力投する中日・高橋宏

巨人戦に先発、力投する中日・高橋宏

◇14日 巨人―中日(東京ドーム)
 中日の先発・高橋宏斗投手は、初対決となった巨人を相手に5イニング2/3を投げて5安打2失点で7奪三振。3勝目の権利を手にして降板した。
 試合前までリーグ1位の45本塁打を誇る巨人打線と力勝負で渡り合った。150キロを超える直球と140キロ前後のスプリットがさえ、4回までに6奪三振。特に岡本和と中田の大砲コンビから2三振ずつを奪い、無安打に封じ込めた。
 5―0で迎えた6回は、ポランコに適時二塁打を浴びて初失点。2死満塁から代打・中島に押し出しの四球を出したところで、106球で交代が告げられた。バトンを受けた2番手・清水が後続を断った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ