本文へ移動

女性社会活動家描いた 映画「わが青春つきるとも」

2022年5月14日 15時35分 (5月14日 15時40分更新)

社会変革を目指し、活動する伊藤千代子を映した一場面ⓒ2022映画「伊藤千代子の生涯」ゴーゴービジュアル企画


 昭和初期、「主権在民」や「男女平等」を訴え、思想犯罪者として逮捕された女性の社会活動家を描いた映画「わが青春つきるとも―伊藤千代子の生涯―」が十三日から、名古屋市東区の名演小劇場などで公開されている。
 時代は治安維持法が成立した一九二五年ごろ。長野県湖南村(現・諏訪市)出身の千代子(井上百合子)はこの年、東京女子大に入学。「社会科学研究会」の立ち上げに尽力し、社会主義に傾倒する。
 無産政党「労働農民党」で活動をしていた浅野(窪塚俊介)と結婚。共産党に入党し、選挙の応援やビラ張りなど活動に本腰を入れたが、政府の弾圧により逮捕され、激しい拷問を受ける。獄中でも女性リーダーとして同志を励ましたが、次第に追い詰められる。
 監督は社会派の桂壮三郎。主演の井上は、本作で映画デビューとなった。金田明夫、石丸謙二郎、竹下景子らが脇を固める。(花井康子)

関連キーワード

おすすめ情報