本文へ移動

【オリックス】バレラが右手有鉤骨骨折 前夜の打席で空振りした際に痛める

2022年5月14日 14時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オリックス・バレラ

オリックス・バレラ

 オリックスは14日、右手首付近を痛めたブレイビック・バレラ内野手(30)が13日に大阪市内の病院で精密検査を受け、「右手有鉤(ゆうこう)骨骨折」と診断されたと発表した。小指の付け根と手首の間にある骨で、近日中に手術を受けることも含めて検討し、早期の実戦復帰を図る。
 バレラは13日のロッテ戦(京セラドーム大阪)の9回の打席で空振り三振をした際、右手首付近に痛みを覚え、途中交代していた。
 バレラは今季からオリックスに加するも、34試合で103打数21安打の打率2割4厘、1本塁打、5打点と低調だった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ