本文へ移動

CO2排出削減へEV導入 南信州広域タクシー

2022年5月14日 05時05分 (5月14日 14時42分更新)
リニアと南信州仕様のアルクマをデザインしたEVタクシー=飯田市役所で

リニアと南信州仕様のアルクマをデザインしたEVタクシー=飯田市役所で

 「南信州広域タクシー」(飯田市)は四月、電気自動車(EV)を二台導入した。市から運営を受託する乗り合いタクシーの竜東線で使うほか、同社のタクシー事業「アップルキャブ」でも運行する。鈴木佳史社長は「さらにEVの導入を進め、地域交通の二酸化炭素(CO2)排出量削減を先導したい」と話す。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧