本文へ移動

越前市長 紫式部 24年大河主人公 官民で盛り上げ 来月にも庁内に組織

2022年5月14日 05時05分 (5月14日 11時46分更新)
紫式部を盛り上げるための新組織を立ち上げたいと話す山田市長=越前市役所で

紫式部を盛り上げるための新組織を立ち上げたいと話す山田市長=越前市役所で

 越前市の山田賢一市長は十三日、記者会見し、紫式部が二〇二四年放送のNHK大河ドラマの主人公に決まったことを受け「市民を巻き込んだ新しい組織や体制をつくりたい」と話した。
 山田市長は一九八八(昭和六十三)年から続く「源氏物語アカデミー」などの市民活動を例に、「市民の思いを集める場」として市役所内には議論する場をつくり、市民と一緒に活動する組織を早くつくりたいとした。
 夏休み時期に多くの人に来てもらいたいとの意向もあり「市役所内の組織は来月にも立ち上げたい。できるところから取り組む」とした。 (中田誠司)

関連キーワード

おすすめ情報