本文へ移動

三遠南信の文化を発信続け20年 春夏秋冬叢書が豊川で140冊展示

2022年5月14日 05時05分 (5月14日 16時44分更新)
本の発刊から20年を迎えた春夏秋冬叢書代表の味岡さん=豊川市新桜町のアナログツールで

本の発刊から20年を迎えた春夏秋冬叢書代表の味岡さん=豊川市新桜町のアナログツールで

 三遠南信地方の文化情報に焦点を当てた季刊誌「そう」を発行している豊橋市菰口町の出版社「春夏秋冬叢書(はるなつあきふゆそうしょ)」が、今年で本の発刊から二十年を迎えた。節目を記念し、これまで手がけた雑誌と本約百四十冊を豊川市新桜町のセレクトショップ「アナログツール」で展示している。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧