本文へ移動

想定外の古さに関係者も驚き 織田信長ゆかりの久昌寺解体中断

2022年5月14日 05時05分 (5月14日 11時59分更新)
古材が残っている可能性がある庫裏の土間=江南市の久昌寺で

古材が残っている可能性がある庫裏の土間=江南市の久昌寺で

  • 古材が残っている可能性がある庫裏の土間=江南市の久昌寺で
  • 天正年間の古材が残っている可能性を指摘した長谷川さん=犬山市で
  • ドローンで空撮した久昌寺の全景=江南市で(ドローンシティ江南提供)
 「天正年間の古材が残っている可能性がある」との指摘を受け、解体工事が一時中断することになった織田信長ゆかりの久昌寺(きゅうしょうじ)(江南市田代町)。工事直前に出された調査報告書の内容から、市が文化財としての価値の検討に入ることになり、所有者側との意向が一致した。(小中寿美)

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧