本文へ移動

インスタ世代 発信隊いいね 市、百万石まつりPRに学生任命

2022年5月14日 05時05分 (5月14日 13時07分更新)
本年度任命された金沢百万石まつり情報発信隊のメンバーら=金沢市役所で

本年度任命された金沢百万石まつり情報発信隊のメンバーら=金沢市役所で

▽準備や当日の様子 SNSに

 新型コロナウイルス感染症の影響で、三年ぶりの開催となる「金沢百万石まつり」。六月三日から始まる待ちに待ったまつりをPRするため、市は十三日、今年も「金沢百万石まつり情報発信隊」に学生二十八人を任命した。交流サイト(SNS)を通して、若者目線でまつりの準備や当日の様子を伝え、盛り上げる。 (鈴木里奈)
 二〇一六年から毎年結成している。隊員には金沢学院大と金沢大の学生を任命。若者が多く利用している写真共有アプリ「インスタグラム」を使って発信する。アカウントは@100mangoku.hassintai。
 まつり実行委員長の相川一郎副市長が、市役所で出席した十九人に一人ずつ任命書を手渡し「それぞれの感性を大切にし、若い世代の思いを発信してほしい。ユニークな発信に期待している」と激励した。
 任命されたメンバーの一人、金沢大三年の林美希(みつき)さん(20)は大学入学後からインスタグラムの投稿を始めたといい「地元の大学だからこそできることをしたくて参加した。SNSを卒業研究のテーマにしているので、研究にもいかせれば」と意気込んだ。
 メンバーはさっそく、同日開かれたシンボルタワーの点灯式を雨の中熱心に取材した。今後、百万石踊り流し講習会や、加賀鳶練習会などの主要な行事を、事前準備の段階から隊員が取材し、写真を投稿する。

関連キーワード

おすすめ情報

石川の新着

記事一覧