本文へ移動

【巨人】ポランコ価値ある”大野雄キラー”今季『6の6』「積極的にいきました」原監督も太鼓判

2022年5月13日 22時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日に勝利し、笑顔でポーズをとる巨人のポランコ(左)と戸郷

中日に勝利し、笑顔でポーズをとる巨人のポランコ(左)と戸郷

◇13日 巨人5-2中日(東京ドーム)
 巨人のポランコが決勝打を含む4打数4安打の大暴れ。7回は2死一、三塁から一塁走者がスタート。遊撃の定位置あたりに飛んだ打球は、二塁ベースに入った遊撃手の逆を突くように抜け、勝ち越しの走者が一気に生還した。
 「基本は引っ張るタイプかもしれないですが、サインということもあって、反対方向を狙っていきました」。中日の大野雄からは3安打を放ち、開幕戦での対戦を含めて6打数6安打。「非常に素晴らしい選手。積極的にストライクを投げてくる選手なので、積極的にいきました」と振り返った。
 混戦模様のペナントレース争いにあって、中日の”エースキラー”出現は心強い限り。原監督も「このところストレスもたまっていたが、少し疲れも抜けてきたというかね。彼も献身性のあるプレーヤー。ウォーカーとともに少々、ミスの目立つケースもなきにしもあらずですけども。それを上回るだけの練習量も含め、結果も残してくれている」とうなずいた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ