本文へ移動

2ストライク後に代打で空振り…『三振』は負傷交代したバレラの記録に【オリックス】

2022年5月13日 21時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回裏2死2、3塁、空振り三振に倒れるバレラ

6回裏2死2、3塁、空振り三振に倒れるバレラ

◇13日 オリックス1-4ロッテ(京セラドーム大阪)
 オリックスのブレイビック・バレラ内野手が9回、先頭打者として第4打席に入った際に空振りをしてカウント2―2になった直後に退いた。球団広報によると、右手首付近に痛みを覚えたため、途中交代した。
 バレラは1点を追う6回2死二、三塁の好機で佐々木朗のフォークを空振り三振。2回は左飛、4回は中飛、9回は代打の佐野如がカウント2―2から空振りしたため、バレラに三振が記録された。4打数無安打の2三振で、打率は2割4厘となかなか上向く気配がない。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ