本文へ移動

詰まった打球は勝ち越し打に…中日・清水達也が今季初黒星「役割果たせずチームに申し訳ない」

2022年5月13日 21時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回裏、巨人・ポランコに勝ち越し打を許した清水。捕手石橋

7回裏、巨人・ポランコに勝ち越し打を許した清水。捕手石橋

◇13日 巨人5-2中日(東京ドーム)
 中日は先発の大野雄から同点でバトンを受けた清水が決勝点を献上して今季初黒星。7回に2番手として登板。2死一、三塁からポランコを詰まらせた打球ゴロが三遊間を抜ける適時打となり、勝ち越しを許した。
 チーム2位タイの7ホールドを挙げている右腕は「何とか同点のまま、次のピッチャーにつなぎたかったのですが…。自分の役割を果たせず、チームに申し訳ないです」と悔しさをにじませた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ