本文へ移動

【中日】根尾レーザー発動で今季初補殺マーク 無安打も2四球を選びつなぎの役割果たす

2022年5月13日 21時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回の投球を終えた大野(左)に迎えられ、笑顔を見せる根尾

1回の投球を終えた大野(左)に迎えられ、笑顔を見せる根尾

◇13日 巨人5-2中日(東京ドーム)
 中日の根尾昂外野手が自慢の強肩で今季初補殺をマークし、ピンチの芽を摘んだ。「7番・右翼」で2試合連続スタメン出場。初回の守備で1死からポランコの右翼線への打球を素早くクッション処理すると、二塁へストライク送球。余裕たっぷりで打者走者を刺した。バットでは無安打だったものの2四球で出塁。2回の同点劇にも絡み、つなぎの役割を果たした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ