本文へ移動

得点力アップには『パウサ』が必要 アルベル監督「ゴール前で想像力を生かすためには…」【FC東京】

2022年5月13日 20時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
アルベル監督

アルベル監督

 FC東京は14日、敵地で磐田と対戦する。得点力アップに向け、アルベル監督はスペイン語で“小休止”を意味する「パウサ」の必要性を説いた。
 チーム始動から約4カ月が経過し、新たなプレースタイルの習得も次のステップに入る。「成長段階は次の段階に移った。ボールとともに試合をコントロールする時間帯は増えてきた」。その中で、アルベル監督は「相手を押し込んで狭い中で攻撃することにまだ慣れていない。ゴール前で想像力を生かすためにはパウサ(落ち着き)を獲得することが重要になる」と語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ