本文へ移動

中日43イニングぶりのタイムリーヒット 2回、石橋康太が中前に同点打

2022年5月13日 18時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回表2死一、二塁、石橋が中前に同点打を放つ

2回表2死一、二塁、石橋が中前に同点打を放つ

◇13日 巨人-中日(東京ドーム)
 ”決定力不足”に苦しんできた中日に43イニングぶりの適時打が飛び出した。
 1点を先制された直後の2回に石橋康太捕手が中前適時打を放ち、同点に追いついた。1死から阿部が左前打で出塁。2死後に根尾が四球で2死一、二塁とすると、石橋は7球目の変化球をしぶとく中前に弾き返した。
 木下の新型コロナウイルス陽性判定による離脱を受け、スタメンマスクのチャンスが巡ってきた4年目の21歳が3年ぶりの打点。まずはバットで先発の大野雄をアシストした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ