本文へ移動

松山英樹、全米プロへ再発進 「クラブはいいんで」いきなりイーグル【米男子ゴルフ】

2022年5月13日 12時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松山英樹(AP)

松山英樹(AP)

◇12日 米男子ゴルフ AT&Tバイロン・ネルソン第1日(米テキサス州、TPCクレイグランチ)
 【マッキニー(米テキサス州)テッド・ムース】4月のマスターズ以来5週ぶりの復帰となった松山英樹(30)=レクサス=は1イーグル、4バーディー、1ボギーの67で回り、5アンダーの12位でスタートを切った。首位とは7打差。小平智(32)=アドミラル=は1アンダーで79位。セバスティアン・ムニョス(コロンビア)が60をたたき出し、12アンダーで後続に4打差をつけトップに立った。
 松山が次週のメジャー第2戦、全米プロに向けて再発進した。14位に終わったマスターズ後、リフレッシュと再調整を兼ねて一時帰国。3月に首筋から肩甲骨にかけて痛みがあり、試合を途中棄権したこともあったが、今はほとんど問題ないという。
 その復帰ラウンドは、3ホール目の12番パー5で残り251ヤードから5番ウッドで1メートルに2オンさせ、いきなりイーグル。その後もスイング後に手を離すことはあったが、大きく曲げることはなかった。14番ではバンカー越えの残り54ヤードを30センチに。距離のある15番パー3は60センチにつけた。
 本人は「スイングは全然だめですけど、クラブはいいんで」と、休んでいた間に手になじませた新しいドライバーの効果を強調。プレー後の練習にも熱がこもった。(写真はAP)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ