本文へ移動

<わけあり記者がいく> 動けなくなった人を見かけたら 「お困りですか?」声掛けて

2022年5月13日 10時51分 (5月13日 11時12分更新)
 「わけあり記者」こと私、三浦耕喜(52)のもとに、読者からご質問が届いた。前回(四月十三日付)、難病患者や障害者が外出中に、体が動かなくなるなどピンチに陥った際、どうSOSを発信するか、自身の体験を含めて考察したのだが、読者は問うた。
 「では、三浦さんのように立ったまま動けなくなった人に気付いたら、どうしてあげればいいのですか」
 優しいお尋ねだ。今回はスマホの活用法をと考えていたが、ご質問は明日にでも起こり得る緊急性の高い内容だ。先にこちらにお答えすることをお許しいただきたい。
 私の個人的経験だが、まず「何かお困りですか?」と声を掛けてもらうとありがたい。脳・神経系の病は精神状態によっても症状が変化する。安心感を与えられれば、半分解決したようなものだ。
 ただ、この時、後ろからだとびっくりしたり、振り向こうと無理な姿勢でバランスを崩したりする場合もある。前か横についてもらえたら、本人の表情も見られ、問い掛けに反応しているか分かる。その際、胸の動きから呼吸をしているかどうか、目は動いているかも確認してほしい。

三浦記者が使っているペーシングボード。指やペンなどでたたきリズムをつくりながら話すと言葉がはっきりする

 本人のうめき声が聞こえるなら、会話できるかもしれない。本人が「ペーシングボード...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

暮らし・子育ての新着

記事一覧