本文へ移動

【中日】根尾昂、初長打の二塁打放つも「内容が良くなかったので次、また…」言葉少なく

2022年5月12日 22時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5回裏1死三塁、山田の右犠飛を本塁に送球する根尾

5回裏1死三塁、山田の右犠飛を本塁に送球する根尾

◇12日 ヤクルト3-1中日(神宮)
 2試合ぶりスタメンの中日・根尾昂外野手が攻守に存在感を見せた。6回2死の第3打席では、ヤクルト・高梨の落ちる球を引っ張り、今季初長打となる二塁打。4月20日のヤクルト戦(バンテリンドーム)以来、今季2本目の安打となった。
 5回の守備では1死三塁からの右飛を捕球すると、ノーバウンドで本塁返球。送球がそれて走者を刺すことはできなかったが、球場を沸かせた。それでも、1、2打席目に凡退したこともあり「内容がよくなかったので次、また頑張ります」と言葉少なだった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ