本文へ移動

今季初スタメンマスクの35歳・大野奨太「持ち味を出せた」19歳・上田洸太朗の粘投を称える【中日】

2022年5月12日 22時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回表2死、右前打を放つ大野奨

2回表2死、右前打を放つ大野奨

◇12日 ヤクルト3-1中日(神宮)
 中日は35歳の大野奨太捕手が今季初のスタメンマスク。19歳の2年目左腕・上田を懸命にリードし、「自分の役割をしっかりやるということをしたいと思っていました。若い投手のリードということで特に意識しました」と振り返った。
 上田は初回に先頭打者からの3連打で2点を与えたものの、5イニング3失点と粘りの投球。大野奨は「初登板初先発ですし、立ち上がりに球が浮いてしまうのは誰でもあること。それ以降は低めに球を集めて持ち味を出して投げられたと思います」と評価。打撃では2回に外角スライダーを弾き返し、今季初安打となる右前打を放った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ