本文へ移動

磐田 あすホームでFC東京戦 大津、勝利呼ぶ得点を 

2022年5月13日 05時05分 (5月13日 09時48分更新)
FC東京戦に備え、シュート練習に励む大津祐樹選手=磐田市で

FC東京戦に備え、シュート練習に励む大津祐樹選手=磐田市で

 J1ジュビロ磐田のFW大津祐樹選手(32)が磐田に移籍した昨季以降、得点した八試合が、六勝二引き分けと負けなしとなっている。十四日の十三節・FC東京戦(磐田市のヤマハスタジアム)も、磐田の三試合ぶりの勝利のため、大津選手の得点が欠かせない。
 大津選手が昨季、得点した六試合の戦績は四勝二引き分け、今季は二戦二勝。昨季はJ2からJ1昇格へとつながる試合で、貴重な得点を積み上げた。今季も磐田はJ1の厚い壁に苦しみ、二勝しかしていないが、その勝利にいずれも得点で絡んでいる。
 得点以上に、チームメートが信頼を寄せるのが献身的な動き。前線からの労を惜しまないチェイシング(相手に対するプレッシャー)、味方と連動しての守備、控えの時の精力的な声出しなど、磐田になくてはならない存在だ。大津選手は「ゴールの近くでプレーすると、より自分の良さが出ると思っている」と話している。 (川住貴)

関連キーワード

おすすめ情報