本文へ移動

桜庭ななみ「一緒に謎解きを楽しんで」4つの殺人事件に挑む実写ゲーム初出演で主演『春ゆきてレトロチカ』

2022年5月13日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「春ゆきてレトロチカ」で実写ゲームに初出演した桜庭ななみ

「春ゆきてレトロチカ」で実写ゲームに初出演した桜庭ななみ

 女優桜庭ななみ(29)が主人公役で出演した実写ゲームソフト「春ゆきてレトロチカ」(スクウェア・エニックス)が12日に発売された。本紙などに未公開のカットを公開。桜庭は「ゲームならではの選択肢があるストーリー展開ということで、選択肢の数だけ撮影があり、それが大変でもあり面白かったです」とコメントを寄せた。
 同ゲームはミステリーアドベンチャーで、ニンテンドースイッチなどでプレーすることができる。桜庭はゲームでは「龍が如く 維新!」(2014年)などに出演しているが、実写ゲームは初めて。今回はミステリー作家・河々見(かがみ)はるか役で登場。100年にわたり不可解な死が続く四十間(しじま)一族の元を訪れたはるかは、「不老の果実」をめぐり、時を超えて起きた4つの殺人事件に挑む。
 桜庭は「今回初めてゲームの実写に参加するにあたり、どう撮影していくのかとても気になりました」と興味津々で臨んだ様子。
 今作について「通常のゲームでは表現できない細かな所作や表情、人間味のある質感は、実写だからこその見応えもあると思います」とPR。さらに「私も今回台本を読みながらミステリーの謎解きをするのが楽しかったです。皆さんにもドラマの世界に入り込んでもらい、一緒に謎解きをしていく新感覚ゲームを、最後まで楽しんでいただけたらうれしいです」と語っている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ