本文へ移動

池に咲き誇るシャクナゲ 池田

2022年5月12日 05時05分 (5月12日 10時06分更新)
池の周りを包み込むように咲き誇るシャクナゲ=11日、池田町土合皿尾で(蓮覚寺宏絵撮影)

池の周りを包み込むように咲き誇るシャクナゲ=11日、池田町土合皿尾で(蓮覚寺宏絵撮影)

 池田町の町花のシャクナゲが、かずら橋と「そばの郷池田屋」に隣接する同町土合皿尾(どあいさらお)の水車広場で、ピンクや白などの花を次々と開き、散策に訪れる人たちを楽しませている。
 色とりどりのコイが泳ぐ池を囲むように、百十株が植えられている。関係者によると、四月下旬から咲き始め、今は五、六分咲き。花は一週間ほど楽しめ、十五日ごろに満開となりそう。
 花茎の先端に大きくまとまって咲く姿は、花束のように豪華。毎年この時期を待っている人もいて、十一日は時折雨の降る中、訪れた人たちが、その姿をスマートフォンのカメラで撮影するなどして楽しんでいた。 (清兼千鶴)

関連キーワード

おすすめ情報