本文へ移動

【中日】育成出身の渡辺勝、スタメン起用に応えて今季初安打「試合が始まる前は緊張していました」

2022年5月11日 21時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回表1死、中前打を放つ渡辺

3回表1死、中前打を放つ渡辺

◇11日 ヤクルト0-2中日(神宮)
 10日に出場選手登録された中日の渡辺勝外野手が今季初安打をマークした。「1番・中堅」でスタメン起用され、3回1死からの第2打席でヤクルト・吉田喜の外角直球を弾き返し、一、二塁間を破った。
 ウエスタン・リーグで打率2割9分5厘と結果を残していた渡辺は、チーム内で新型コロナウイルスの感染が広がっている影響もあって昇格。育成出身プロ7年目の苦労人は「試合が始まる前は緊張していました。ヒットが出たのでまずはよかった」と振り返った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ