本文へ移動

【中日】決勝の2号ソロの4番A・マルティネス「意識せずチーム一丸となって戦っている」と闘志

2022年5月11日 21時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日A・マルティネス

中日A・マルティネス

◇11日 ヤクルト0-2中日(神宮)
 新型コロナウイルス感染者が相次いでいる中日が2試合連続で継投による完封勝利を飾り、貯金を3とした。打のヒーローは”代役4番”だ。今季全試合4番のビシエドが6番に下がり、代わって4番で起用されたA・マルティネスが2回先頭打者として2試合連発となる決勝の2号ソロを左翼席に運んだ。
 今季神宮では13打数7安打となったA・マルティネスは「いい打球が飛んだ。良いホームランになった。特に4番は意識せず、試合に出ていることがとてもうれしく、とても感謝していた。スワローズはとても良いチームだが、ドラゴンズもチーム一丸となって戦っている」と胸を張った。
 中日は11日に木下と石川昂、12日に平田と鵜飼のコロナ感染が判明。大島は故障離脱中で、2軍ではチームの編成ができない状況になっている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ