本文へ移動

【中日スタメン】ビシエドが今季初の6番 4番には前日猛打賞のAマルティネス

2022年5月11日 17時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
立浪監督(左)と話すビシエド

立浪監督(左)と話すビシエド

◇11日 ヤクルト―中日(神宮)
 中日が大幅にオーダーを変更した。今季ここまで全試合4番のビシエドが6番で、前日10日に猛打賞のA・マルティネスが4番となった。また、球界最年長のベテラン・福留が今季初めて2番で起用され、1番には10日に出場選手登録されたばかりの渡辺が座った。
【ヤクルト】
1番・中・塩見
2番・右・太田
3番・二・山田
4番・三・村上
5番・一・オスナ
6番・遊・長岡
7番・左・浜田
8番・遊・内山壮
9番・投・吉田喜
【中日】
1番・中・渡辺
2番・右・福留
3番・三・高橋周
4番・左・A・マルティネス
5番・二・阿部
6番・一・ビシエド
7番・遊・三ツ俣
8番・捕・石橋
9番・投・岡野

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ