本文へ移動

【中日】12日プロ初登板初先発の育成出身・上田洸太朗 野球人生初の神宮に「自分のボール投げたい」

2022年5月11日 17時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャッチボールする中日上田

キャッチボールする中日上田

 12日のヤクルト-中日(神宮)の予告先発が発表され、中日は9日に支配下登録された2年目の上田洸太朗投手(19)がプロ初登板初先発する。11日の練習では新たな背番号67の練習着を着用。デビュー戦に向けてキャッチボールやダッシュなどで調整した。
 打たせて取る投球スタイルで、低めへのコントロールが持ち味。直球は最速146キロ。スライダー、カットボール、カーブなどを巧みに操る。中日の育成ドラフト出身投手が先発で勝利すれば球団初となる。
 神宮は野球人生初。「ヤクルトは打撃の強いチーム。村上さん、山田さんがチームのキーになっている印象ですが、その前に塩見さんらがいるのであまり意識はせずに、一人一人に自分のボールを投げられればいいかなと思います」。育成出身左腕が強力打線に立ち向かう。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ