本文へ移動

金星は必然だった…ラグビー豪州を破った15人制女子日本代表「努力が証明された」「選手は世界基準」

2022年5月11日 17時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オーストラリア戦の松田凜日(ⓒJRFU)

オーストラリア戦の松田凜日(ⓒJRFU)

  • オーストラリア戦の松田凜日(ⓒJRFU)
  • 隔離先のホテルからオンライン会見したマッケンジーHC
 女子15人制ラグビーで強豪オーストラリアから10日、12―10で歴史的勝利をあげた日本代表が11日、オーストラリアからオンラインで一夜明け会見を開き、その金星を振り返った。
 日本代表は試合前日の抗原検査で選手5名とスタッフ1名のコロナ感染が発覚。急きょ先発4人を変更、3人がポジション移動という混乱の中で歴史的勝利をあげた。自身も陽性となり隔離先のホテルでTV観戦したレスリー・マッケンジー・ヘッドコーチは「選手のセルフマネジメント力は世界基準のものだった」と称賛。この勝利は奇跡かとの問いには「これまでの努力が証明されたもの」と、必然の勝利だったとの認識を示した。
 前戦のWTBから急きょCTBにポジション変更された松田凜日(日体大)も「日体大ではCTBでプレーしていたし、普段からいろいろな想定で練習していた。自信を持って、フィジカルで負けずにタックルできた」と話し、コーチの言葉を裏付けた。
 チームは全員がPCR検査を受けて13日に帰国。陽性者は現地で隔離され、陰性が確認された後に順次帰国する。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ