本文へ移動

<みえ人模様> 県内初のサッカー1級審判員・福岡幹男さん(伊賀市)

2022年5月11日 05時05分 (5月11日 11時15分更新)
1級審判員として最後の試合を担当したピッチで思い出を話す福岡さん=鈴鹿市の三重交通Gスポーツの杜鈴鹿で

1級審判員として最後の試合を担当したピッチで思い出を話す福岡さん=鈴鹿市の三重交通Gスポーツの杜鈴鹿で

 県内で初めてサッカーの一級審判員となった伊賀市の福岡幹男さん(70)は、スターたちが彩るJリーグ草創期のピッチに副審として立ち、現在は後進の育成に励む。選手だけでなく、ジャッジする審判も試合をつくる一員だ。「審判になって人生が変わった。審判の良さを伝え続けたい」と語る。 (松本貴明)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧