本文へ移動

四日市市の森市長が濃厚接触者に 公務はオンライン対応

2022年5月11日 05時05分 (5月11日 11時22分更新)
 四日市市は十日、森智広市長が新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者となり、当面の間、自宅待機すると発表した。現時点で症状はないという。公務はオンラインなどで対応し、対外的な業務は副市長以下の職員で対応する。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧