本文へ移動

原日出子「心の病は夫を蝕んだ」 渡辺裕之さん葬儀行われる 死去後初めてのコメントで心境を吐露

2022年5月11日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
渡辺裕之(右)と原日出子

渡辺裕之(右)と原日出子

 3日に66歳で亡くなった俳優の渡辺裕之(わたなべ・ひろゆき)さんの葬儀が10日、神奈川県内で近親者のみで行われた。妻で女優の原日出子(62)が、所属事務所の公式サイトでコメントを発表。渡辺さんが自律神経失調症と診断されていたことを明かし、「少しずつじわじわと、心の病は夫を蝕(むしば)み、大きな不安から抜け出せなくなりました」と無念の思いを記した。
 予期せぬ別れ。この日、近親者のみで家族思いだった渡辺さんを見送った。家族が3日昼ごろ、自宅のトレーニング室で倒れているところを発見した。それから1週間。原は「急すぎる別れから1週間、とても心の整理もできませんし、語る言葉も見つかりません」と心境を吐露しつつも、コロナ禍が夫を襲ったことを打ち明けた。
 「『なぜ…』は、きっと誰にもわからないと思います。ただ、コロナの最初の自粛のころから、人一倍家族思いで心配性な夫は、先行きの不安を口に出すようになり、考え込むことが多くなりました。何事にもストイックで、一生懸命で手を抜くことをしない人でした。『眠れない』と体調の変化を訴えるようになり、自律神経失調症と診断され、一時はお薬を服用していましたが、またお仕事が忙しくなって、元気を取り戻したようでもありました」
 亡くなる前日は、テレビ東京系「ゴルフのキズナ」(日曜午前10時30分)の収録に向けて「久しぶりに元気に動き回り」準備していたという。渡辺さんはゴルフ好きでも知られていた。しかし予期せぬ悲劇が襲った。
 「しかし、少しずつじわじわと、心の病は夫を蝕み、大きな不安から抜け出せなくなりました。医師にも相談し、希望の持てる治療を始めた矢先の、突然の出来事でした」
 おしどり夫婦として知られ、長女も近所に住んでいるという。「この数カ月、私も、家族も、懸命に向き合った毎日でした」。家族は心の病と格闘したが…。「今は何を思っても、言い訳になってしまいそうで、後悔を数えたらきりがありません。渡辺にも、彼を大好きだった方たちにも、申し訳ない気持ちでいっぱいです」と後悔を記した。そして、永遠の別れとなった時の表情を伝えて結んだ。
 「今は全ての苦しみから解放され、自由になれたのだろうと信じたいです。渡辺は、信じられないほどきれいで、安らかな顔で旅立ちました。それだけが、私たちの救いです。これまで渡辺を応援し、支えてくださった皆さまに、心から感謝申し上げます」
  ◇   ◇
 ◆厚生労働省のホームページで紹介している主な悩み相談窓口は以下の通り。
 ▽いのちの電話
 (0570)783556(午前10時~午後10時)
 (0120)783556(午後4時~午後9時、毎月10日は午前8時~翌日午前8時)
 ▽こころの健康相談統一ダイヤル
 (0570)064556(対応の曜日・時間は都道府県により異なる)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ