本文へ移動

5回につかまったロッテ先発・小島 味方打線も7回まで無得点と援護できず…

2022年5月10日 20時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロッテ・小島

ロッテ・小島

◇10日 楽天―ロッテ(楽天生命パーク宮城)
 4回まで何とか粘っていたロッテ先発の小島が5回につかまった。この回は1死から黒川、辰己の連打で一、三塁のピンチを迎えた。続く炭谷のセーフティースクイズは阻んだが、西川を四球で歩かせて2死満塁。ここで代打で出てきた銀次が放ったボテボテの遊ゴロは内野安打となり、まず1失点。さらに続く浅村の初球が捕逸となって、計2点を失った。
 今季の小島は過去5試合に登板して未勝利(3敗)。「勝ちがないのは精神的に大変な部分はありますけど、結局は自分が原因。こういう悪い流れをうまく断ち切れたら自分の成長にもつながると思います」と、自ら負の連鎖を断つ覚悟を示していた。しかし、粘りきれずに2失点。味方打線も7回まで無得点と援護できず、ロッテベンチは重苦しい空気に包まれた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ