本文へ移動

【DeNA】初回適時打のソト「みんながつないでくれたチャンス、追加点を挙げられてよかった」

2022年5月10日 20時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回裏1死二、三塁、ソトが左前に2点打を放つ

1回裏1死二、三塁、ソトが左前に2点打を放つ

◇10日 DeNA―巨人(ハードオフ新潟)
 今季も試合前まで1勝4敗と苦しむ巨人戦。DeNAが南場智子オーナーの地元・新潟で敵の弱点を突く先制劇を見せた。初回無死満塁から4番・牧が巨人のウォーカーの守るレフトに浅い飛球を打ち上げると、三塁走者がタッチアップで生還。先制左犠飛になった。
 続く1死二、三塁には5番・ソトが打ち上げたレフト前の飛球がテキサスヒットとなり、2点適時打になった。
 「いいところに落ちてくれた。みんながつないでくれたチャンスだったので追加点を挙げられてよかった」とソト。新潟では4連敗中。2015年5月10日の巨人戦以来、7年ぶりの勝利へ先発・ロメロへ価値ある援護点となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ