本文へ移動

【FC東京】試合前にメッセージ「そんな人から初めて言われたら…」岡崎慎が鳥栖戦の秘話明かす

2022年5月10日 20時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉本スカウトからの熱いメッセージを胸に連敗脱出を誓うDF岡崎=小平グラウンドで(FC東京提供)

吉本スカウトからの熱いメッセージを胸に連敗脱出を誓うDF岡崎=小平グラウンドで(FC東京提供)

 FC東京のDF岡崎慎(23)が10日、小平グラウンドで取材対応し、今季初フル出場となったJ1鳥栖戦(8日・味スタ)での秘話を明かした。
 試合前、支えとなるメッセージが岡崎の元に届いたという。送り主は自身が背負う背番号29の前任者である吉本一謙スカウト(34)からだった。「ここがチャンスだぞ」。加入当初から慢性的に右膝に痛みを抱えながらプレーしてきた岡崎は、その短い文面に奮い立った。吉本スカウトも、多くの膝のけがに泣かされた選手だった。それでも痛みに耐えて2020年まで現役を続けた。
 「俺なんかよりもひどい状態であの年齢までプレーし、チャンスをモノにしてきた。そんな人から初めて『ここがチャンスだ』と言われたらやらないわけにはいかない」
 けがを抱えながらプレーしていた、吉本スカウトもここ一番に強い選手だった。それを間近で見てきた岡崎は「失うモノはない」と持てる力をぶつけた。だからこそ「勝ちたかった」と唇をかむ。試合終了直後の味スタのピッチに膝を折り、誰よりも敗戦を悔いた理由がそこにはあった。
 連敗脱出が懸かる14日のJ1磐田戦(ヤマハ)へ向けては「出られるかは分からないけど、やれることを精いっぱいやるしかない」。ストレッチや体のケアには人一倍時間がかかる。それでも「(試合に)出るからには責任がある」と口にする。吉本スカウトから受け継いだ背番号と、青赤への強い愛着が岡崎を突き動かす。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ