本文へ移動

【巨人】先発・山崎伊が初回につかまり3失点、打線はDeNA・ロメロを攻略できないまま回重ねる

2022年5月10日 20時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
DeNA戦に先発した巨人の山崎伊

DeNA戦に先発した巨人の山崎伊

◇10日 DeNA―巨人(ハードオフ新潟)
 ゴールデンウイークを1勝8敗と負け越して3位に後退した巨人。巻き返しに向け、再登録した中田を「6番・一塁」で起用。先発のマウンドには前回登板の4月28日のDeNA戦(横浜)でプロ初勝利を挙げた2年目の山崎伊を送った。
 「いつもと変わらない気持ちで、試合をつくれるように頑張りたい」。こう意気込んだ山崎伊が1回につかまる。連打と死球で無死満塁の大ピンチを招くと、DeNAの4番・牧の左犠飛で先制を許す。さらに続くソトにも左前に運ばれ、2人が生還。この回だけで3点を先制された。
 打線も2回に1死から中田が右前打を放つが、続く大城が併殺打に。3回に1死二、三塁の好機でも丸の二ゴロの間に1点を奪うにとどまった。4回にも先頭の岡本が四球で出塁しながらポランコが併殺打。DeNAの先発・ロメロを攻略できないまま回を重ねた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ