本文へ移動

【オリックス】3戦連続3番起用の中川圭太が今季初打点…今季37戦で37通り目のオーダーで初回先制劇

2022年5月10日 19時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回、先制の適時二塁打を放つ中川

1回、先制の適時二塁打を放つ中川

◇10日 日本ハム―オリックス(札幌ドーム)
 オリックスの中川圭太内野手が先制打を放った。今季ワースト7連敗中のうえ、コロナ禍で主砲の吉田正が離脱した中、中嶋監督は3番・中川圭、4番・頓宮、5番・宗のクリーンアップを編成。今季37試合で37通り目のオーダーを組み、先制攻撃に成功した。
 1回1死二塁で左腕・加藤から中川圭が左翼フェンス直撃の適時二塁打を放ち「打ったのは真っすぐだと思う。つないでいく意識を持って打席に入っていたし、コンパクトにしっかりとスイングできた。何とかタイムリーになってくれてよかった」と声を弾ませた。
 3試合連続で「3番」起用の中川圭。今季8試合目の出場での今季初打点だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ