本文へ移動

意外!? 大谷翔平、グランドスラムは日米通じてプロ初 本人も「打っていたと思っていた」

2022年5月10日 15時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回、2打席連発となる満塁弾を放ったエンゼルス・大谷(AP)

7回、2打席連発となる満塁弾を放ったエンゼルス・大谷(AP)

◇9日(日本時間10日)MLBエンゼルス11―3レイズ(アナハイム)
 【アナハイム阿部太郎】エンゼルスの大谷翔平選手にとって、7回に飛び出したこの日2本目の一発は日米通じてプロ初のグランドスラムだった。
 3ボール1ストライクの打撃カウントで、甘く入った88マイル(約142キロ)のカットボールを左へ。「球種は特に張っていない。甘い球が来たら打とうと思っていた」。一発を確信した時に出る「ホームランステップ」で舞い上がった打球の行方を確認した。
 プロ入りして初めて味わう快感。本拠地が大歓声に包まれる中、大谷はダイヤモンドを気持ちよさそうに一周したが、「僕の中では(満塁弾は)打っていたと思っていた。知らなかったです」。そう言って周囲を笑わせた。(写真はAP)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ