本文へ移動

大谷翔平、通算100号へ「できれば、明日打って、早めに超えたい」2打席連発に手応え【一問一答】

2022年5月10日 15時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回にソロを放ったエンゼルス・大谷(AP)

6回にソロを放ったエンゼルス・大谷(AP)

◇9日(日本時間10日)MLB エンゼルス11―3レイズ
 エンゼルスの大谷翔平選手が日米合わせてプロキャリア初の満塁本塁打を含む1試合2本塁打を放った。3安打5打点の活躍でチームを大勝に導いた。
 試合後の一問一答は次の通り。
 ―昨日、打撃の調子が上がっていると言っていた。この結果が出ると思っていたか。
 「2本(本塁打が)出るとは思っていなかったが、1打席目(右飛)の内容も良かった。それを継続していい結果が出て良かった」
 ―キャリア初の満塁弾。
 「球種は特に張っていない。甘い球が来たら打とうと思っていた」
 ―6回はトラウトとの2者連続のアーチ。
 「トラウト選手は間違いなく打つ機会が多いと思う。あとは僕も続ければ、チーム的にも盛り上がる。もっともっと出るように」
 ―数字を気にしないタイプだと思うが、あと1本で通算100号になる。
 「早く達成したい。できれば、明日打って、早めに超えたい」
 ―いろいろな記録を達成して、グランドスラムがキャリア初というのは信じ難いが。
 「僕の中では打っていたと思っていた。知らなかったです」(笑)
 ―この2試合。意図的に逆方向に打っているのか。
 「甘い球は基本的にセンター方向に打てればいいと思っている。常にそういう意識でいるが、なかなか調子が悪い時はそういうふうにいかない」
 ―今年、飛ばないボールと言われている。
 「個人的にも感じるし、見ている感じでも、データもどれぐらいのスピードで飛んでいるのか出るので去年よりは飛ばない印象がある」
 ―エンゼルスに入って今が一番楽しいのか。
 「そうですね。打撃で(自分が)あまり結果が出ていないとかいろいろあるが、やっぱり勝つにこしたことはない。チームが勝てば気持ちいい。今のがずっと続くように頑張りたいし、悪くなった時にまた踏ん張れるようにしたい」(写真はAP)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ