本文へ移動

浜辺美波、来年朝ドラ「らんまん」ヒロインに 神木隆之介演じる主人公の妻役「企画書を読む手が震えるほどうれしかった」

2022年5月10日 14時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
NHK2023年度前期の連続テレビ小説「らんまん」のヒロインを演じる浜辺美波

NHK2023年度前期の連続テレビ小説「らんまん」のヒロインを演じる浜辺美波

 NHKは10日、女優の浜辺美波(21)が2023年度前期の連続テレビ小説「らんまん」のヒロイン役に決定したと発表した。神木隆之介(28)演じる主人公・槙野万太郎の妻となる寿恵子を演じる。
 寿恵子は、東京の下町で母と菓子屋を営んでいたが、万太郎と運命的な出会いを果たし、後に結婚。植物研究に金をつぎ込む夫のために、あの手この手で苦しい家計をやりくりし、最終的にはあっと驚く方法で家族を救う。万太郎や子どもたちと、貧しくも楽しく明るい家庭を築く設定だ。
 浜辺は「祖父母、親孝行になる朝ドラという歴史ある番組に神木隆之介さんという敬愛する大先輩とともに出演させていただける機会との巡り合わせに、企画書を読む手が震えるほどうれしかったことを覚えています」と大感激。続けて「脚本の長田育恵さんともお話をさせていただき、夫を支えるひたむきな妻、という姿だけではなく寿恵子さん自身が植物のように根を強く張りたくましい女性として生涯を万太郎さんと駆け抜けていけたらよいなと思っております」と張り切っている。
 視聴者に向けては「見てくださった方に快い笑顔になっていただけるよう精いっぱい努めます。2023年の春を迎えるのが今から楽しみです」としている。
 神木も「浜辺美波さんのお名前を聞いた時、純粋にうれしかったです。心から信頼をしている方なので万太郎と寿恵子さんの関係にこの信頼を乗せて築き上げていけたらいいなと思っています」と喜んでいる。
 万太郎は、小学校中退ながら、独学で植物学をきわめ東京帝国大学植物学教室の門をたたき、のちに「日本の植物学の父」と称される。
 NHKによると、実在の人物・牧野富太郎さん(1862―1957年)の妻・寿衛をモデルにしているが、激動の時代を夢に向かって生きたある植物学者と妻の物語として大胆に再構成。登場人物名や団体名などは一部改称して、フィクションとして描き、原作はない。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ