本文へ移動

大谷翔平、第2打席はラッキー打でチャンスメーク 直後にウォルシュの3ランでエンゼルス逆転

2022年5月10日 12時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3ランを放ったウォルシュと握手するエンゼルス・大谷(AP)

3ランを放ったウォルシュと握手するエンゼルス・大谷(AP)

◇9日(日本時間10日)MLB エンゼルス―レイズ(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平選手が本拠地でのレイズ戦に「3番・DH」で出場。1点を追う4回1死一塁の第2打席は幸運な中前安打だった。打球は平凡な飛球だったが、中堅手が打球を見失い、あわてて右翼手がダイビング捕球を試みたが及ばなかった。そして2死後、ウォルシュが3ランを放って逆転した。1回は右飛だった。
 前日は9回に値千金の同点2点二塁打を放ち、チームの逆転サヨナラ勝利に大きく貢献した大谷に、本拠地初アーチの期待がかかる。(写真はAP)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ