本文へ移動

焼き菓子「鞠福」登場 静岡・焼津の「雅正庵」で販売

2022年5月10日 05時05分 (5月10日 09時44分更新)
断面が三層構造になっている「ふんわり鞠福」(小柳津清一商店提供)

断面が三層構造になっている「ふんわり鞠福」(小柳津清一商店提供)

  • 断面が三層構造になっている「ふんわり鞠福」(小柳津清一商店提供)
  • 新発売の「ふんわり鞠福」=静岡市葵区で
 静岡市駿河区で七十年以上の歴史を持つ製茶問屋「小柳津清一商店」が運営する葵区の菓子販売店「雅正庵(がしょうあん)」で、新商品「ふんわり鞠福(まりふく)」が発売された。 (三沢聖太郎)
 ふんわり鞠福は、年間五十万〜八十万個ほどを売り上げる同社の看板商品・冷凍生クリーム大福「鞠福」の焼き菓子バージョン。「鞠福は溶けるから持ち運びに気を使う」という顧客の声を受けて開発した。
 県産の抹茶を使用したカスタードクリームと、あんこ、生地の三層構造で、優しい甘さが特徴。同社の担当者は「カスタードに抹茶を3%以上と、通常の抹茶入り商品よりもかなり多く使っているので、濃厚な香りが楽しめる。自宅やピクニック、帰省の手土産など、さまざまな場面でお選びいただけたら」と話す。
 価格は一個百六十円、一箱六個入り千六十円。市内と焼津市の計四店舗で販売している。(問)雅正庵本部=054(669)5057

関連キーワード

おすすめ情報